Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > 未分類
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CM作りました

スポンサーサイト
あけまして おめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

ブログ 木仙人のたわごと は 昨年中盤より

ハイブリッドな木工職人 木仙人がゆく に代わり 更新されております

自問すること

4月はなかなか書込みできませんでした。反省

仕事が混んできたり、特に仕上げに近づくにつれ、
「ココって、これで良いか?」
「もう少し削り込む?」
「もっと柔らかい表現で」
「もっとシャープに」

などと自問し作業が止まってしまうことが良く有ります。
そんな時は、尊敬する作家の作品集でイメージを確認したり、
削ってみてやっぱりやり直したり…
全体的な仕事の流れの遅れにつながるので悩みの種でした。

先日も、最後の仕上げに悩んでいた作品がありました。
そんな時、お世話になっている音楽家さんのライブで思わぬアドバイスが…
この方は、私よりかなりお歳を召されていらっしゃりその道では
昇りつめられた(極めれたといった方がふさわしいかな)方です。
その方が、トークの中で
「いつも、ステージに上がるまで選曲や構成に悩むんですよ。
予め、選んで来るんですけど、お客さんの層や雰囲気(乗り)で
直前まで悩みっぱなしです。ハハハ…」

そんな事をおっしゃる。

私は、この方と知合い、お人柄やこの方を取り巻く方々のお話を聞く中で
人間的に非常に尊敬できる方だと思っています。
その方が同じ様な事で絶えず自問されていると言う事実を知り、
「大いに悩んで、コレと言う結論を出して自信を持って作品を生み出せば良い」
その日のライブでの一コマが悩みの淵から救い出してくれた思い出一杯になりました。

人生も同じことですね。
遠回りしながら色んなものを探してる。
ゆっくり進めば、間違いに気付き後戻りできるんですよね。
自問することは、生き方の確認ですね。


新作 ダイニングChair
肘掛け付

肘掛付 、 材:栃 、 仕上げ:拭き漆

肘掛け無し

肘掛なし 、 材:栃 、 仕上げ:拭き漆



鉄のクリエーターさんから以下の話が届きました。
だからと言って、今の自分には何も出来ないので、せめて自信のブログを使い一人でも多くの方に認知いただけたらと思います。


『 《ムコ多糖症》(http://www.muconet.jp/ )って病気を知ってますか?
この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。
しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていない
(日本では300人位発病)
つまり社会的認知度が低い為に今厚生省や
その他製薬会社が様々な理由を付けて
もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可を
だしてくれません。
《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、
発祥すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。
8月7日『SCHOOL OF LOCK』というラジオ番組で、湘南乃風の若旦那が、語ってから、私達に出来る事を考えました。
それで思いついたのが、このバトンという方法です。
5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて、自分達が生きる為に必死に頭を下げたりしています。
この子達を救う為に私達が出来る事は、この病気を多くの社会人に知ってもらって、早く薬が、許可されるよう努力する事だと思います。
皆さんの協力お願いしますm(__)m
[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。
多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、 水頭症なども伴う。
重症の場合は成人前に死亡する。
今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。
http://www.muconet.jp/
★この本文を日記に貼り付けてくださると嬉しいです。

あー、疲れた

昨日(8/4)の道の駅 六本木ヒルズでのイベントは、無事終了。
結局、東京を後にすることができたのは、PM9:00頃。
そして、自宅に到着は、5日AM2:30頃。
約1時間30分程仮眠(?)して、息子達の少年野球大会(県大会)の応援のために大垣へ。集合時間はAM5:20。
開会式はAM9:00からでしたが、試合開始はPM2:00。
試合は6-0で勝ち、次ぎの試合は14日。
帰りは、交通渋滞にはまり、自宅到着はPM9:00前。
「あー、疲れた」

六本木ヒルズでのイベントでは、嬉しいことが…
その辺の話は、明日以降お楽しみに。


木仙人のたわごと | NEXT |

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。