Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > 2008年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にも紹介した事があります地元の和菓子屋 「夕森の里」さん(Tel:0573-74-2568)のお勧めスイーツです。

いちご大福


いちごあんこがどちらも存在を主張するのですが喧嘩することなく、それらを何とも柔らかなおもちが優しく包み上げています。

あんこが均一にいちごを包んでいるところは、大将のこだわりですね。
素材を吟味し全て手作りであるため、確実にGETするには予め問合せが必要です。
夕森公園内のお店でしか手に入らない貴重な一品ですゾ。

スポンサーサイト

古箪笥

箪笥の修理の依頼をお受けしました。

いい味わいです


なかなかいい味わいです。
玄関ホールのディスプレーにお使いになるようです。
板の縮みによる概観の割れや抽斗の不具合を中心に直す事に。
製作時期は7、80年前でしょうか。

引き手金具、良いですね

ご先代がお使いになっておられたそうです。

木仙人の工房にも古箪笥があります。
祖母が使っていた箪笥を形見にもらいました。
道具類を収納するのに使っています。
いつも傍らで優しかった祖母が見守っていてくれる様な気がします。
そして道具を取り出す度に、子供の頃の想い出がよみがえります。
きっとこの箪笥にも色んな想い出があるんだろうと思います。

翌檜
何と読むと思いますか?

アスヒアスナロと言い、木曽五木の一つです。
やや材の質がヒノキに劣ることから、一説に「明日はヒノキになろう…」と明日の希望に努力する話からアスナロ呼ばれるようになったそうです。一般的にはヒバの方が良く知られているでしょうか。

そんなけな気なアスナロの角材が私の元に転がり込んで来ました。天然木でした。
表面には、割れが多数入り、その割れに細かな石が入っていたのでどう使うか思案している所に、記念品の薄盆の注文が入って来ました。
8寸(約240mm)幅の角盆が取れることから製材してもらうと、表面では分らなかった赤節が何とも綺麗に出てくるではありませんか。匂いがなければ、パッと見ヒノキと変わりません。
アスナロの思いが伝わって来ます。

とりあえず、一枚サンプルを作り、依頼主にお送りしました。

角薄盆


気に入って頂けた様で、とりあえず現段階で55枚の注文頂きました。

アクセサリーと赤節

嫁のアクセサリーをちょっと拝借。赤節との対比です。

頑張ってヒノキに近づいたアスナロに感謝です。

そうそうもう一つ感謝。山里の木地屋さん。
今回、記念品だけに単箱が要ります。サンプル用にと相談すると快く分けて頂きました。
本当にありがとうございました。
熟年オヤジこだわりベンチ
昨日、納品して来ました。
注文主の方(以降、Oさん とします)が、お手元に届く迄に画像で完成品を見てしまうと、期待感や満足感が薄れてしまうといけないので、しばらくネタにするのは控えました。
自分の欲しいもの(しかもオーダーしたモノならなおさら)、それが手元に届くまでのワクワク感。私にも覚えがあります。この感覚は、子供の頃でもオヤジになっても不変であると思います。

昨年、Oさんから一枚のFAXが届きました。見積依頼でしたが、そこには丁寧に描かれたベンチのスケッチ(イメージ図)がありました。
こちらから電話させて頂くと、どうもいろんなサイトでイメージを膨らませながら、私のサイトに辿りついた様でした。
その後、何度か電話でお話し、他の用件に合わせて一度だけOさん宅を訪問し、製作のための詳細な内容(ここでは、Oさんの”こだわり”と呼ぶことにしましょう)を決めて行きました。

Oさんのこだわり
は「
 →数種類、塗装サンプルをお送りし「栗」に決定
座板は「一枚板」で…
 →「一枚板」でその素材感を味わいたいのでクッションなどは使わなくてすむ様、お尻のあたる部分を少し掘り込む
床座に近い方が良いので、全体的に低めに設定
 →床は「ひのき」のフローリングへ改修することが決まっていました
肘掛は、通常より低く・幅広に一枚板
 →寝椅子の時はに、飲み物が置けるTeaテーブルの役目も果たす
背板一枚板幅広材
・腰部のスポークは、丸棒ではなく角材

これらを整理し私なりにイメージを膨らませ、いざ製作

作りながら、Oさんがお使いになっている姿を想像したり、
私が、サラリーマンのままでこの椅子を仕事のOFFの時に使うとしたらどう使うか?
同年代のオヤジなら、休日このベンチの上で何をして過ごすか?
妄想なども入りつつ…



熟年オヤジのこだわりベンチ

座板には「縮み杢」が綺麗に光っています。
材板 ”縮み杢” です


実は、Lowテーブルも合わせてご注文頂きました。
Lowテーブル です


Oさんは、「思っていた以上の出来で、あなたに頼んで良かったです」とおっしゃり、深深と腰掛け、座板を撫でられる姿に、私も嬉しくなりました。

Oさん、ありがとうございました。あなたのこだわり、またカタチにさせて下さい。



木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。