Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > スポンサー広告 > 『富本憲吉展(陶芸家、人間国宝)』TOP > 工芸 > 『富本憲吉展(陶芸家、人間国宝)』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月に入り最近まで、新聞を開くと「富本憲吉展」の広告が目に付いていた。そして、筆を持つ富本が「見に来い」と私に毎回呼びかけた。
今日、時間が出来たのと他に用もあったので見に行った。場所は、岐阜県現代陶芸美術館。
私が、富本憲吉の作品の何を見たかったか。それは、彼が作った「図柄」である。
SN360045.jpg


彼の代表的な図柄は、「羊歯模様」「四弁花模様」と私は思う(専門家じゃないので、良くご存知の方、異論あればお許し下さい)。それを生で見たかった。一つの図柄を繰り返し描きながら作品にするその作風を。
私の木工にもこの様な図柄(意匠)を取り入れたいと思っていた。それと製作過程におけるスケッチと言うかデザイン画、いわゆる設計図の完成度の高い事。それゆえ、一筆一筆頭の中のイメージ通り、描いて行けたのだなと感心した。これは、今後、見習う点と心に留めた。

一通り見終わって、出口付近の作品集とハンカチに目が止まった。
作品集は私の資料として、ハンカチは、一緒に来たかった息子達への土産に購入。
SN360046.jpg


「富本憲吉展」はいよいよ27日が最終日。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます

木仙人さん、行動力ありますね
私もそうあり続けたいと思っています
興味のあるものを見る、触れる、感じる
その刺激が、これからの作品に生かされる
これからの作品に期待しています

綺麗ですね

シダのような面白い柄。私、植物柄が好きです。

ちょっと前のボードや帯の衝立、いい感じですね。
私の職人さんリストに追加させてください。

mgx さん

私に無い物、それを探してるだけかもしれませんが。

Miwa さん

ありがとうございます。頑張っていいもの創作しますね。

私も時々、その美術館へ行きますよ(近いから)
上の「図柄」を見て、パッチワークの“モラ”の技法に似ている図案だと思いました。
展示、今日までなんだね?残念!(T∀T)

富本憲吉も小さな頃から自然に触れる環境にあったようです。子供の感受性を育てることって大事ですね。環境問題の先駆者、レイチェル・カーソンも著書の「センスオブワンダー」で感受性を育てる事の大切さを説いてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boku1000nin.blog99.fc2.com/tb.php/11-33cff7f7


木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。