Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > スポンサー広告 > 『只今、製作中。 名付けて…』TOP > 家具:椅子 > 『只今、製作中。 名付けて…』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、注文いただいたベンチの製作を行っています。
材は栗で、座板は円弧を描き最大幅700mm、長さ1800mm、厚さ約60mm
なかなか造りがいある大物です。
座板です

当初、この板、使うべき迷いました。なぜなら、長めの割れが入っていたからです。
しかしながら、自然なカーブ、そして、いつもの様にこの板も訴えかけてくるのでした。
「ベンチにしておくれ」と。

木が訴える通りでした。
割れは、内部応力を発散させていたようで、削った後も反ったりする事がありません。
(中には、削ってる時から、反りが出る暴れん坊の板もあります)
しっかり「契り」で止めて行き、割れの進行を止めてしまいます。
そして円弧の内側になる部分に「縮み」が出ていました。
「縮み」分かるかな?
この杢は塗装すると光ります。
注文主の方が、「クッションなど使いたくないので、おしりの当たる部分は少し掘り込んで下さい」と言われたので、
掘り込みました
この削りは結構大変でした。

このベンチ、座板、背板、肘掛部、全て一枚板でとの希望です。
ですから、かなり豪快なベンチになって来ました。
名付けて「熟年オヤジのこだわりベンチ」。

ネーミングの理由も含め、続きは次回。




スポンサーサイト

コメント

すばらしい木ですね!
「契り」を同系色にしたのは木仙人さんのこだわり?

>「契り」を同系色にしたのは木仙人さんのこだわり?
  注文主さんのこだわりです

いやあ~

こんばんは
>かなり豪快なベンチになって来ました。
 いやあ~いい板ですね。
すごいなあ、どこで入手したのですか

>すごいなあ、どこで入手したのですか
 知合いの同業の方に分けてもらいました
栗材のこの幅は貴重だと思います。

こんばんは

>しかしながら、自然なカーブ、そして、いつもの様にこの板も訴えかけてくるのでした。
「ベンチにしておくれ」と。

私のような素人には分かりませんが、石積みの石屋さん
も、石を見ると、顔があるといっておられました。

>名付けて「熟年オヤジのこだわりベンチ」。

良いネーミングですね。(^^)

こだわり

おはようございます
木仙人さんも、木も、こだわりの一品ですね。
だから、お客様に喜ばれる物が出来るのだと思います。(^_^)

京丹後のおやじ さま

私も石屋さんから同じこと聞いたことがあります。
木も同じでこいつはこう使った方が、こう使うべきて直感的に思うことありますね。

あい さま

ありがとうございます。
名前に「悦」の字がありますから、お客様に特別な喜びを感じてもらえるようと作りながら思ってます。

素晴らしいネーミングですね

 「熟年オヤジのこだわりベンチ」素晴らしいネーミングですね。

 昨日、momoさんにお会いしました
3時間も話し込んでしましましたが、こだわりを持った、とても素敵な女性でした。
 momoさんと再会するキッカケを作っていただきありがとうございました

昔ながらの額縁屋 さん

注文主の方にとっては「熟年オヤジ」とはと怒られるかも(私より歳上の方ですが)。
momoさん非常に良い方ですよね。末永くお付合いさせていただける様、良い物・良いお話を提供しないといけませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boku1000nin.blog99.fc2.com/tb.php/39-1eb738ba


木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。