Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > スポンサー広告 > 『美しい言葉』TOP > その他 > 『美しい言葉』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい言葉

保険屋さんが持ってきてくれた経営情報紙の中に、最近忘れられていると思われる 美しい言葉 を見つけました。

その言葉は、本の紹介のコーナーにありました。

モノづくりにおいて、職人や関わる人達が懸命に技術を磨き、理想を追い求める姿勢…

漢字二文字、さあ何だ?

「近頃は、こだわり と言う様な軽い言葉で表現されている」
と、紹介されていて本の著者が嘆いているとあります。


工房では、例の 薄盆 (結局、80枚の注文を頂ました)の仕上げ、
栃のダイニングチェア 6脚 の製作依頼、
そして、音楽家向け折畳式椅子(高さ3段階可変) 
と重なる納期に追われています。

まめ鉋
椅子の座板堀込みに前から欲しかった真鍮台製のまめ鉋
この鉋は洋式なので引いて削るのではなく、押して削ります。バイオリン鉋と言います。



美しい言葉 分かりましたか?

答え、「丹精」。

丹精こめて***」、近頃あまり使わなくなった気がします。

この本の著者の「丹精」の解釈に、
丹精 とは つながるよろこび という意を含み、さまざまな場面で 丹精接着剤 のようにしながら、連鎖を生み出す源」と述べているとありました。

つまり、丹精作り手使い手職人お客様つないで行く
美しい言葉ですよね!
職人の皆さん、「丹精」を大いに使おうではありませんか。
不透明な時代、「丹精」が日本を救ってくれると思いますね。


このコラムを読んで直ぐに、京丹後のおやじ さまのブログを拝見し、職人以外も、「丹精」大いに使うべき時代と思いました。


ちなみに紹介されたこの本  丹精で繁盛
丹精で繁盛















スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しました。丹精なお仕事が良い評価を生み,お忙しそうでうれしく思います。丹精込めるって大事な事ですよね~頑張らなくては・・と自分に言い聞かせています。

木仙人さん こんばんは!

なるほどね~そう言われれば「丹精こめて」と言う言葉は聞かなくなりましたね・・・・。
テレビコマーシャルでは流れているような気がしますが・・・・。

保険屋さんと聞くとあいさんを思い出しますが(゚ー゚)

山里の木地屋 さま

こちらこそすみません(PCも気まぐれで、時々コメント打てなくなります)
「つながるよろこび」「連鎖を生み出す源」
山里の木地屋さんのことが一番に浮かびました

溶射屋 さま

「こだわり」はよく聞きますが「丹精」は聞かなくなった気がします。職人の仕事を表現するすばらしい言葉と思いますね。

>保険屋さんと聞くとあいさんを思い出しますが(゚ー゚)
 残念でした。

こんばんは^^
京丹後のおやじさん、加藤先生、溶射屋さん、あいさん…
ブログのお友達です。
親しくお付き合いさせて頂いています。
とても心地良いブログですね。
どうぞよろしくお願いします<(*_ _)>

kaorin さま

>とても心地良いブログですね。
 ありがとうございます。皆さんのおかげです。

>どうぞよろしくお願いします<(*_ _)>
 こちらこそ宜しくお願いします。

こんにちわ。
「丹精」=職人の技のようです。あまり知られていないのも、現実だと思います。
でも、暖かい言葉のように思います。今後の職人技や一つ一つの思い入れの商品を作り上げる時、使わしていただきたいと思います。
「不透明な時代、「丹精」が日本を救ってくれると思いますね。」本当にそうだと信じています。

PS・僕のブログのコメントありがとうございます。
ホームページの中のEメールでよろしいですか?

リバイブ さま

こんにちは
このコメントの下の 木仙人 をクリックして下さい
メールにつながります。HPのアドレスでOKですよ。

日本語

こんにちは。
丹精 良い言葉です。
全ての職業に使えるかも知れません。

言葉、日本語、題字ですね。
伝統、文化、全て表しているのですから。
若い人も、学んで欲しいものです。

こんにちは

「丹精」は農作物を栽培してお客様に伝える時に使います。

「丹精を込めて作ったお米です」と言った使い方です。
丹の色は硫化水銀の色で朱色です。
「徐福」が、始皇帝の命令を受け、不老不死の仙薬を
求めて丹後にきたと言う伝説があります。
丹後、丹波の丹はそこから来ているのかもしれません。
丹頂鶴の丹は色から来ているのでしょうね。(^^)

あい さま

近頃、アルファベット二文字で略して表現しますよね(KYとか)。あれ、いかんですね。本当の言葉の意味が分からないですもの。国語力が失われて行くのも当然ですね。

京丹後のおやじ さま

物知りですね。
日本は、よその国から見たら神秘的な国だったんですね。

丹精
いいことばですね
一所懸命も大好きです

加藤先生

>一所懸命も大好きです
 私も好きです、一所懸命。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boku1000nin.blog99.fc2.com/tb.php/47-8ff49c85


木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。