Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > スポンサー広告 > 『箪笥の中の宝物』TOP > 未分類 > 『箪笥の中の宝物』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箪笥の中の宝物

先日の染織作家さんから電話をもらった。

「おはよう。この間はありがとうね。ところで、今すぐ来れる?」

私:「何かあったか?」
切羽詰った様子ではなかったが…
とにかく車に乗って向かう。

そして、到着。

玄関を入り私を待ち受けていたものは…










20070413193422.jpg


命を吹き込まれた、先日の作品。

「色々考えたんよ。何が合うか。」
もちろんその方の作品である。
作品の手前に、藍染めの布をまとわせた写真があった。



「ふと、隠居のおばあちゃんの箪笥の中の帯が浮かんだの。」
おばあちゃんは、昨年の夏に亡くなっていた。
お世話になったおばあちゃんである。

「そしたら、ピッタリ。帯がピッタリ合うのよ。植物の鉢が有り合せでいかんけどね。」

私:「でも、そんなに違和感が無い。はまってる。」
と、心の中で思う。



「帯、変えてみよか」
私:「はい」



20070413193641.jpg

20070413193648.jpg




「”箪笥の中の宝物、飾ります” てとこやね」
私:「そのコピー、いいですね。下さい。」


「立体的な衝立でいい感じ」
私:「そうですね」


「呉服屋さんのディスプレイにもいいね。営業したら。」


「連休のイベントに使うわね」




おばあちゃんの思い出がよみがえり、突然のプレゼントに心の中で手を合わし、
いつもお世話になり、気にかけてくれる作家さんに感謝し、
新しい可能性を感じた 木仙人 でした。



スポンサーサイト

コメント

私もお邪魔させていただきました。
素敵なお仕事ですね。
命を吹き込むことの出来る素晴らしい職人さん
と、又 一人 出会えました。
嬉しいです。
色々な世界の職人さん同士がこうやって
繋がれる事が本当に嬉しいです。
又 お邪魔させていただきますね。
お仕事 頑張って下さいね。

しんちゃん棟梁の嫁 様

コメントありがとうございます。
「命を吹き込む」いい言葉ですね。
その道で頑張っておられる職人さんに刺激を受けて、私もと強く思う木仙人です。

ブログのリンクさせて下さい。
宜しくお願いします。

リンクありがとうございます。
こちらもリンクさせてく頂きますね。

伝統工芸

ミクシイの検索機能で「伝統工芸」を打ち込んで見たら、おおくらちかこさんに入っていきました。その中のマイミクから迷い込んで来たものです。同じ、職人として頑張っている方を見ると応援したくなりますね。私たちも日々の製作と販路作りに苦労してます。頑張ってください。

ティディベアー さん

ありがとうございます。
売ると言うことの難しさを痛感しています。
これを機会にいろいろご助言下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boku1000nin.blog99.fc2.com/tb.php/5-283f65fd


木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。