Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > スポンサー広告 > 『地域のつわもの集団』TOP > 地域 クラフト > 『地域のつわもの集団』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この地域にも昨年、「道の駅」ができた。「五木のやかた・かわうえ」(http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/syousai/gifu/g_46.html)である。
gaikan.jpg

もともと地域の特産品を販売する施設であった。当時、「ひのきとやままゆの里」を売り文句に運営をされていた。
その建物の中に、染織のつわもの集団が活動を展開している。「夕森工房いと車」である。メンバーは女性7名。
彼女達の「天蚕:やままゆ」を使った作品は、「裏木曾夕森紬」として岐阜県の郷土工芸品として高い評価を受けている。
SN360028.jpg
img002_1s.jpg


今年も県の「第2回織部クラフト・デザイン大賞」に作品が入選した。

SN360026.jpg

以前から、彼女たちが地道に続けている活動がある。「手織り体験」である。
先日も、バスをチャーターされた団体が体験に訪れて下さった。

20070502131320.jpg

20070502131450.jpg

20070502131459.jpg

このところ、個人の方の問合せも多いと言う。
「多くの方に、手作りの良さを伝えたい」とメンバーの方々は話す。

ゴールデンウイークも終盤に向かう。明日から、この道の駅でも一周年イベントがある。

スポンサーサイト

コメント

木仙人さん 
いろいろありがとう・・ボツボツと牛のような歩みですが・・ブログが何とかつながって、ああこういうものなのか・・とか思いながらです・・ 五木のやかたは以前よく立ち寄りました。息子がまだ学生だったころ、塗りをお願いしていたところの帰りなどに・・そのころは産直もあって繁盛していたのに、今はないのですね~機織体験はいいですね~それにこんなに上手に宣伝してくれる人がいて、喜んでおられるでしょう・・

産直は川の反対側の条件の良いところに移り、前よりも繁盛しているようです。五木も道の駅になって、客数は大幅に増えました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boku1000nin.blog99.fc2.com/tb.php/7-3ee1623d


木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。