Admin 

プロフィール

木仙人 boku sen nin

Author:木仙人 boku sen nin
木工職人です。
大阪生まれ、乙女座、B型。かなりアクが強いタイプと思われるでしょうが、ご心配なく。結構 角のとれた大人です。
「木工とは?」…受け売りですが、「削ること」と思っています。
愚直に生きる 4●歳。まだまだ「おやじ」の域にはほど遠いと思いたい。
木仙人のホームページもご覧下さい。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

TOP > 小物
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯り…繭

どうしてもこの形にこだわったシェイドにしたかったのです。
この形とは、

繭の行灯




周りの枝は、山歩きの中の一枚のスナップからヒントを得ました。
光と影のヒント



この行灯は試作ですが、
先のブログの囲炉裏テーブルと同じホテルの客室用として
採用頂く予定です。


ぼくせんにん 〓お問合せはこちら 〓 メール / tel : 0573-74-2605


翌檜
何と読むと思いますか?

アスヒアスナロと言い、木曽五木の一つです。
やや材の質がヒノキに劣ることから、一説に「明日はヒノキになろう…」と明日の希望に努力する話からアスナロ呼ばれるようになったそうです。一般的にはヒバの方が良く知られているでしょうか。

そんなけな気なアスナロの角材が私の元に転がり込んで来ました。天然木でした。
表面には、割れが多数入り、その割れに細かな石が入っていたのでどう使うか思案している所に、記念品の薄盆の注文が入って来ました。
8寸(約240mm)幅の角盆が取れることから製材してもらうと、表面では分らなかった赤節が何とも綺麗に出てくるではありませんか。匂いがなければ、パッと見ヒノキと変わりません。
アスナロの思いが伝わって来ます。

とりあえず、一枚サンプルを作り、依頼主にお送りしました。

角薄盆


気に入って頂けた様で、とりあえず現段階で55枚の注文頂きました。

アクセサリーと赤節

嫁のアクセサリーをちょっと拝借。赤節との対比です。

頑張ってヒノキに近づいたアスナロに感謝です。

そうそうもう一つ感謝。山里の木地屋さん。
今回、記念品だけに単箱が要ります。サンプル用にと相談すると快く分けて頂きました。
本当にありがとうございました。
今、話題の地元の蔵元「三千櫻酒造」さん

中津川の地酒「三千桜」JAA機内食に採用
今日、岐阜FMのニュースのコーナーでも紹介されてましたね。
三千櫻さんのブログ


今回の件で、頂いた注文
P1000268s.jpg
PR用に作らせていただきました。
裏側には航空会社さんのロゴが彫刻してあります。

こんな仕事もボチボチやってます。

ちなみに、
DSC03595s.jpg

どちらも大きさは 14mm×46mm

P1000288s.jpg
最近は社名の他に、ちょっとしたメッセージを彫刻したり。

PREV | 木仙人のたわごと | 

▲ページトップ

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。